2007年03月20日

★ご報告★


ご無沙汰しております。

ながぁぁぁーーーーーーーーーいお休み、いただきまして★


こんなに休んだのっていつぶりだろ?


あれだわ。


大学生の時の夏休み。


でも学生の時は時間はあれどお金がナイ!

あ、今はお金もないし時間もなかった。

さみすぃー・・・・・・。




引越しも無事に終了しました。

引越し後約3週間経過した今でもリビングに普通にダンボールが散乱しているし、普通に2段ゲージが開いているのですが(引越し後愛猫が落ち着いたら片付けようと思っていた)、なんだか普通にこのまま散乱したリビングで過ごしそうな予感です。


じつは、引越しを機に

我が家に家族が1匹増えました。


sasumomo 016.jpg

こんにちは ももデス。




家猫とは多少違う するどい目つき。

眉間には一生残るであろうキズ。

肉球は過酷な生活をしてきたために硬い角質に。

そう、彼女は生粋の野良猫。


彼女との出会いなどについては長ぁーーーーーーくなるので
あえて語りませんが、私にとってはとても大切な子です。


「野良猫は人になつかない」神話。

ほー?

じゃあ私の目の前にいるのは何?

正真正銘、生粋の野良さんです。

5年前までは人の姿を見ると威嚇して逃げていた野良。

3年前までは半径1m以内に近づいてこなかった野良。

2年前には少〜しづつ近づいてくれるようになった野良。

1年前にはビビリながらも抱っこさせてくれた野良。

全部ももです。

野良猫だって馴れるじゃーん!!!




とは言え、過酷な環境で生きてきた猫。

室内生活がはじまって約3週間経過した今でも、

ももってば昼夜逆転しています。

猫は元来環境の変化に柔軟に対応しやすい生き物。
だから完全室内飼いの家猫は人の生活サイクルにあわせて生活できます。

が、野良猫はそうはいきません。

昼間、人が動いている時間に安全な場所で体をやすめ、
夜中、人が寝静まっている時間に縄張りチェック、ゴハンの確保、等行動します。

野良猫にとって人とは常に味方であり敵でもある存在。

近年では優しいフリをして近づいてくる虐待者もいて、

簡単にはココロなんて許せない存在なのです。


野良生活が5年以上にもおよぶももの体内時計は簡単には変わりません。室内でのぬくぬく生活がはじまってもなお、ももは昼間コタツでふかふかに蒸されて、夜中私達が寝静まってから狭ぁい室内探索&窓から室外チェックを怠りません。夜鳴きも当然ありました。今ではだいぶ少ないけれど、夜中目が覚めると不安になるのか鳴くこともしばしば。

野良生活の長いももを保護することは、
はたしてももにとってシアワセな事なのか?
わかりません。

もしかしたら中年期に入るももにとって
いまさら生活環境が変わることは余計なお世話
なのかも知れません。

ゴハンだけもらえれば外での自由生活が一番いい
そう思っているかもしれません。

実際そうなのかなぁーと思えるときもあります。


でもそれではこの先ももを守れない。


sasumomo 021.jpg



コタツの中でトロリンと溶けているももを見ると

やっぱりコレでよかった!

と思える瞬間があります。

でも窓の外をじぃぃぃぃーーーっと眺めているももをみると

ゴメンネももぉーーーと思う瞬間もあります。


でも!

もう家族なのじゃ!

シアワセにするから覚悟しろ!



幸い、猫に対して友好的な我が愛猫さすけ。


sasumomo 017.jpg



もものことを好きで好きでしょうがない状態。

視線の先には常にもも。

視界の中には常にもも。



sasumomo 002.jpg sasumomo 003.jpg

sasumomo 005.jpg sasumomo 006.jpg



もも保護の当日にはももの腹に顔をうずめて寝てしまったほど
ももL・O・V・Eなさすけ。


しかし、ももにとって友好的な猫関係なんて今までの猫生ではありえなかったわけで、とにかくしつこいさすけを嫌いなご様子・・・・。

さすけの愛情はからまわり(泣)。

でもね、宅急便なんかがピンポーン!ってきたり怖い事があると2匹でくっついて固まっている。「嗚呼やっぱり2匹だと心強いねー♪」と思えます。

少しずつ時間が経てば仲良く・・・・

とまでいかなくても

まぁ存在を許しあえる  というか

共生できる     というか

そんな関係にはなれるのでは? 

という手ごたえはガッツリあります!

あわよくば仲良しになってネ♪



sasumomo 007.jpg sasumomo 007.jpg

sasumomo 013.jpg sasumomo 014.jpg

sasumomo 020.jpg sasumomo 008.jpg




そんなこんなで、この数年間目の前の小さな命を助けたいという一心で色々と自分達なりにがんばってきましたが、この先は自分の家族に目を向けたいと思っています。


私達(私やかっくん)は元々ボランティアをしているわけではありません。出会った小さな命や縁を大切にすべく里親さん探しをしてその子の持つご縁探しのお手伝いをしてきたにすぎません。


特に私は、かっくんの保護をちーっとお手伝いしていたに過ぎず、全くもってボランティアをしていたという感覚はありません。


家庭内協力  みたいな?


でも続けていける気力と体力も持っていません。

なのでここいらで自分の生活を立て直すことにします。



幸い、かっくん宅に転がり込んできた(?)小さな命たちはようやく皆本当のおうちを見つけ巣立っていくことが出来ました。


今、かっくんもようやく一息ついています。

これからは自分の家族だけでなく

自分の体もいたわらねばならない42歳です。


何故か次々にワンニャンと出会ってしまうかっくんなので、またすぐに出会うかもしれません。出会わないかもしれません。でも自分の家族を大切にすることが一番大切なわけで、家族の協力ナシにこんなことは続けられないのです。

だから、かっくんもちょっとお休みします。

しばしの休息なのか

ながーーーい休息なのか

それはわかりませんが、

次の出会いがあるまでお休み!


決定!!!!!


休ませてあげてーーーー!!!


休めって言ってあげてーーー!!!!





お試し生活中だったふぅは正式決定しました。

コロン君も正式決定しました。

ちーも正式決定しました。

長らくの応援アリガトウございましたm(_ _)m。

シアワセほっくりふぅの写真は今度アップしまーす。


それでこのブログを終了にしたいと思いますので
よろしくおねがいしまーーーーす。



ニックネーム ひめまる at 10:42| Comment(16) | TrackBack(0) | ふぅ&のん&ちー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする